Isabel Marant | Fall Winter 2020/2021 | Full Show

述語は、文の中で、どうする・どんなだ・なんだ・ある(いる・ない)を意味する言葉です。例えば、次の例では下線の箇所が述語にあたります。述語は文末にあり、主語をくわしく説明するのが特徴です。

述語の例文

森本さんが走る
森本さんは大食いだ
森本さんは部長だ。 夕日が美しい

【海外の反応】K国「寿司の起源は我が国だぞ!日本はただのパクリもんw」中国紙「いや日本だからw」まさかの援軍でK国さんは…w

この文型では、述語は統一協会マインド・コントロールのすべて―人はどのようにして文鮮明の奴隷になるのか"> + 助動詞で文の中で「何だ」という意味をあらわします。

彼女は新聞記者だ

ISABEL MARANT: MAYHEM AND FRENCH COOL! by Loic Prigent

ここまで解説したように、述語は文末にあって「どうする・どんなだ・何だ」という意味をあらわしますが、述語の一覧をまとめると以下のような例があります。

述語の一覧例
「歩く・走る・見る・食べる・泳ぐ」などの動詞
「きれいだ・安全だ・静かだ・にぎやかだ」などの形容動詞
「美しい・美味しい・若い・大きい」などの形容詞
「新聞記者だ・小学生だ・本だ」などの名詞+助動詞

【爆買い】ワークマンで秋冬2022新作を14選爆買い!セールが狙い目!【WORKMAN】【新商品】【ワークマンプラス】【ワークマン女子】

述語の働き、見分け方について一覧や例を交えて解説しました。ポイントは3つです。

述語とは

  • 述語は文の中で「どうする・どんなだ・なんだ・ある(いる・ない)」をあらわす役割
  • 述語は主語を説明する
  • 述語の見分け方は、主語を見つければよい

Isabel Marant Spring-Summer 2022 Étoile Collection